• 0120-91-0303
  • facebook QR Code

相模原市にて家庭用ワインセラーを出張買取させていただきました!

  • HOME
  • 会社ブログ
  • 相模原市にて家庭用ワインセラーを出張買取させていただきました!

平成元年から比べて、消費量がおよそ3倍になった飲み物はなんでしょう?

タイトルで答え予測した方も多くいたと思いますが、正解は「ワイン」です!
今回「リサイクル買取センター」では、ワインを自宅で美味しく楽しむための必須アイテム「ワインセラー」Lefier ルフィエール ワインセラー LW-D18 を相模原市にて出張買取させていただきました!

赤は常温?白は冷やして?

ワインにそこまでこだわりがなくても、「赤は常温、白は冷蔵庫で冷やして飲むもの」といったイメージは一般的に浸透しているのではないでしょうか?
しかしそれはなんででしょうか?
以下に簡単にまとめたので、飲みの席での小ネタに使ってみてくださいね!

赤ワインの飲みごろ…..15~18℃
赤ワインの味の構成要素は「酸味」「甘味」「渋味」ですが、「渋味」はワインを冷やすとより強く感じてしまいます。また、香りに関して言うと、温度が高い方が香りが立ちやすくなるため、赤ワインは冷やさずと言うのが、美味しく飲む方法とされています。

白ワインの飲みごろ…..5~10℃

白ワインは赤ワインに比べて渋味はほぼなく、味の中心は「酸味」と「甘味」です。レモンジュースなどを想像してもらうとわかりやすいのですが、「酸味」は冷えている方が美味しく感じることから、白ワインは冷やして飲むのが良いとされています。

ワインセラーの冷却方式

ワインセラーの冷却方式は「ペルチェ式」と「コンプレッサー式」があります。


ペルチェ式は小さな電子部品を利用して冷却しているため、コンプレッサー式に比べて使用時の音は静かで、手ごろな価格帯のものが多いです。
しかし、冷却パワーや電気代はコンプレッサー式に劣ります。

コンプレッサー式のワインセラーは値段が高いのですが、常に家にワインが数十本ストックしてあり、年間を通して楽しみたい、ワインの長期熟成を自宅でしたいという方には、おすすめと言えます。
逆に、デイリーワインを定期的に楽しみたい、秋冬は家にワインを常備しておきたいという方でしたら、まずはペルチェ式を購入して、ワインセラーのある生活を体験してみるのが良いかもしれません。

ルフィエール ワインセラー LW-D18

今回私たちが相模原市にて出張買取させていただいたのは、Lefier ルフィエール ワインセラーLW-D18 (ペルチェ式)です。

自宅でワインを飲むことが多く、ペルチェ式をまずは購入してみたところ、半年ほどで家に置いておきたいワインが増えたということで、この度コンプレッサー式に買い換えるとのことで、出張買取のお電話を頂きました。

Lefier以外にも、「さくら製作所」、「PlusQ」、「ラファニエル」といったブランドのワインセラーも出張買取させていただいております。

「買ってみたけど、あまり使っていない」「ペルチェ式からコンプレッサー式に買い替えよう」とお考えでしたら是非一度「リサイクル買取センター」にご相談ください。古いものでも構いません。間違っても不用品回収などに出してしまわないでくださいね!

——————————————————————————————————–
●○リサイクル買取センター○●
〒194-0038 東京都町田市根岸2-16-14
☎️0120-91-0303

【LINE】の無料査定はこちら👇

LINE ID : @recyclecenter