• 0120-91-0303
  • facebook QR Code

八王子市 スツール 出張買取

八王子市にて 天童木工 バタフライスツール ビンテージ を出張買取させて頂きました。

天童木工株式会社は、将棋の駒の生産地としても有名な山形県天童市にある家具メーカーです。

国内で初めて、成形合板を用いた家具の量産製造を開始し、柳宗理、剣持勇をはじめとする家具デザイナーとのコラボレートにより、ジャパニーズ・モダンを代表する名作家具を数多く世に送り続けています。

デザイナーの想いと、素材である木の特性と可能性を掛け合わせ、美しい“カタチ”を作り出すその根底には、クオリティが高く、長く使い続けることができる家具をという確かな信念がうかがえます。

バタフライスツールは左右対象で伸びやかなデザインです。

1954年に発表された柳宗理の代表作。

日本を代表するデザインとして、国内だけでなく海外でも高く評価されているスツールです。

パリのルーブル美術館、ニューヨークの近代美術館など、世界各地の美術館に永久コレクションとして選定されています。

2枚の成形合板を組合せたシンプルな構造は、あたかも蝶が飛んでいるイメージのデザインで、このスツールの名前にもなっています。

蝶が羽を広げ飛んでいるかのようなフォルムがその名の由来となっている、柳宗理デザインのバタフライスツール。

また、正面からのフォルムが『天』という漢字や神社の鳥居を連想させるという、いかにも日本的な情緒も持ち合わせています。

同一の成形合板を2枚左右に組み合わせ、1本の金属棒で連結するというシンプルな構造のこのスツールは、1956年の発売以来、ジャパンを代表するデザインとして、国内だけにとどまらず海外でも非常に高い評価を受けています。

現在、世界各国の著名な美術館に収蔵されており、さらに、ニューヨーク近代美術館や、パリのルーブル美術館ではパーマネントコレクションとして選定されています。

戦後、イームズのもとを訪ねた柳宗理は、成形合板で作られたイームズの代表作レッグスプリントに出合います。

革新的な木工技術を用いたその成形合板で何か作れないかと模索している中、偶然にしてこのバタフライスツールの原型が出来上がったといいます。

その後、何度も模型を作り、試行錯誤を重ね、現在のカタチが生まれました。

2枚の成型合板を2本のボルトと1本の金属棒で連結させただけのシンプルな構造ですが、この美しく柔らかい曲線を作り出すためには、山形にある家具メーカー、天童木工の高度な成形合板技術が不可欠でした。

まさに柳宗理のバタフライスツールは、日本の伝統工芸と西洋のモダニズムを絶妙に融合させたデザインといえます。

同じ型の2枚の成型合板を2本のボルトと1本の金属棒で組み合わせたシンプルな構造。

もともと畳の上で使用できるようにと考案されているため、畳を傷つけないように床と接する脚の先端は緩やかな曲線になっています。

左右シンメトリーな姿は、繊細且つ軽やかで、もはや芸術作品のような優美さを醸し出しています。

裏には天童木工のブランドシール「 Tendo 」が貼られています。

今回買取させて頂いた『バタフライスツール』は経年による傷や汚れもほとんどなく、とても大切にご使用されていた商品でしたので、全力で買取させて頂きました。

査定・お見積には自信があります!

先ずはお電話お待ち致しております!

リサイクル買取センター
all-round RECYCLE INADA
〒194-0038 東京都町田市根岸2-17-15
0120-91-0303